ニキビ跡など気になるパーツはレーザーやSUPER施術で即解決

beauty

2通りある手術

切開する場合としない場合の料金

female

美容系クリニックでおこなわれている眼瞼下垂手術には、大きく分けて、皮膚を切開する方法と切開しない方法の2種類があります。 前者は、上まぶたの表面を切開して、そこから眼瞼挙筋と挙筋腱膜とを縫いつけるという方法でおこなわれています。この場合は切開する分、手術の料金が高めになっていて、平均的な料金は両目で50万円前後となっています。クリニックによっては、両目で70万円前後で手術をしていることもあります。 後者の場合は、切開をせずに上まぶたの裏側から針と糸とを通し、眼瞼挙筋を縫い縮めるという方法でおこなわれています。切開の手間がかからない分料金は安めになっていて、具体的には両目で20万円ほどが相場となっています。

切開の有無によるメリットの違い

皮膚切開による眼瞼下垂手術の場合、出血するため、手術後にはある程度のダウンタイムが発生することになります。具体的には、炎症による赤みや腫れなどですが、それらは1〜2週間ほどで落ち着いてきます。しっかりと縫いつけられているため、腫れがひいた後は目がパッチリと開くようになり、若々しく華やかな印象の目元になります。 切開しない眼瞼下垂手術の場合、皮膚に針の穴が開くだけなので出血量が少なく、ダウンタイムも短めになります。その日のうちに目元を含めた洗顔をすることが可能となっていますし、赤みや腫れも数日でひいていきます。上まぶたの裏側からおこなう手術なので、傷跡が残らないというメリットもあります。 このように、それぞれの眼瞼下垂手術にメリットがあり、どちらも眼瞼下垂に悩む多くの人から高い人気があるのです。